陸軍 将官 軍服の概要
1848年に即位したフランツ・ヨーゼフ皇帝は、今までの燕尾服型の軍服からチュニック型の軍服に変更しました。
将官は正装と軍装で違う色の軍服を使用し、1850年から1918年までデザインや色は変わりませんでした。
将官の正装は白の上着に赤(scharlachrot)のパンツ、軍装は水色(hechtgrau)の上着に濃紺(blaugrau)のパンツを合わせます。
将官 正装
将官 正装 (製作例)
将官の正装、軍装共に襟や袖は赤でボタンは金、元帥の階級章は独自の金刺繍のパターンがあり、大将〜少将の階級章は襟のジグザグ模様の金モールの上に大将は3個、中将は2個、少将は1個の銀の星を付けます。
将官の正装のパンツには金のジグザグ模様の側章を2本、軍装のパンツには赤の模様無しの側章を3本付けます。
将官 軍装
将官 軍装 (製作例)
将官 正装
1850〜1918
将官 軍装
1850〜1918
陸軍 海軍
元帥 Feldmarschall
上級大将 Generaloberst 大提督 Grossadmiral
大将 General 大将 Admiral
中将 Feldmarschalleutnant 中将 Vizeadmiral
少将 Generalmajor 少将 Kontreadmiral
大佐 Oberst 大佐 Linienschiffskapitan
中佐 Oberstleutnant 中佐 Fregattenkapitan
少佐 Major 少佐 Korvettenkapitan
大尉 Hauptmann 大尉 Linienschiffsleutnant
中尉 Oberleutnant 中尉 Fregattenleutnant
少尉 Leutnant 少尉 Korvettenleutnant
Copyright(C)2011 19th Uniform, All Rights Reserved.